じぇむかんTV#2感想

 悪〜い予感はほぼほぼ的中した一方で、伝えたいところや指摘したいところは黙っていた方がいいというなんとも語りにくい内容だった。というわけで、完全に自分にだけ分かるメモとして記録しておく。

 

 ニコ動ではおなじみのプレミアム会員とかいうアレなシステムで追い出されたので、タイムシフトでの視聴。見れなかった人のために説明すると内容はこんな感じ。

 

 

1.開始1時間前から振り返り放送

・当日になって急遽発表

・ただし、内容は各メンバーの初配信の冒頭。1時間で11人を紹介。(単純計算で)一人5分程度の紹介。

・これで魅力が伝わるのかは疑問。手抜き感はあるが予定になかっただろうから仕方ない。

・コメントは懐かしがる声が多く、初見にはどう見えたのか不明。

タイムシフト視聴だったので、飛ばした。

 

2.「べんきょうのじかん」
天の声:城乃柚希 参加者:奈日抽ねね、音羽雫、水科葵

・画面に3人同時表示はできるようだ

みずしー「じぇむかんに せいそはいない いっぴきも」
なにぬ「じぇむかんの せいそはわたし なにぬねね」
ポン姉「じぇむかんの みらいはあかるい ポンポンポン」

自宅警備員時間の都合がいいメンバーが召集されたらしい

・よーすぴお兄さんから学力テスト。
・点数最下位には「罰ゲーム:エミールヘッドで配信」

・最下位予想アンケート(なにぬ78.9%、ポン姉10.9%、みずしー10.1%)

・名前が書けているか?

みずしー「当たり前や

・国語(な12、ポ16、み18)

・みずしー右腕痴漢バグ
・しばらくお待ちください(うーたまアップ)この間無音

・数学(な4、ポ3、み6)

・理科(な11、ポ14、み14)
(放送に割り込む形で)

・しばらくお待ちください2(ちょっとまっててねーのうた)

・社会(な14、ポ12、み18)
・英語(な1、ポ 2、み 1)

・全教科で一番低レベルな争い(Mフレンド、aha)

1位 57点 水科葵
2位 47点 音羽
3位 42点 奈日抽ねね

 


3.「えんげきのじかん」前編
ナレーション:星菜日向夏 座長:長谷川みこお 演者:珠根うた、赤羽ユキノ

・劇団キメラ座のオーディション

・アドリブ演技をしながら相手に特定のワードを言わせたら勝ち


4.「おんがくのじかん」前編

参加:水科葵、奈日抽ねね、長谷みこと

・とある幼稚園の光景

・なぜかメンバーをdisるような歌詞を作る

 

5.「えんげきのじかん」後編

座長:長谷川みこお 演者:一文字マヤ、有栖川レイカ

・テロップ逆。やはりここの運営は

・マヤたそ出禁

 

6.「おんがくのじかん」後編

参加:水科葵、奈日抽ねね、長谷みこと

・ジェムカンの歌が完成。


7.「ニュースのじかん」
出演:城乃柚希、珠根うた、花菱撫子

・ずっと撫子さんのターン

公開処刑動画集(ナンパ動画、初日から全開動画、師匠と弟子の動画)

撫子「よきかなー」

・ユキノくんの新メンバーインタビュー

ボイチェン、モザイクで姿は確認できず

新「えーと、あのねー!じぇむかんメンバーでー!いちばんー!ふつうのー!キャラになるかなーって、思います!

 ・プレゼント企画(とにかくRTしろ)

・うたひなTSUKUMO eX.の看板に

撫子「下から覗いたら見えるんですか?
うた「な・に・がですか?
柚希「何がでしょうか?
撫子「どうなんですか?おほほー
柚希「はい、みなさん撫子さんのように下から覗かないで下さい
撫子「はぁ・・・・・・聖地が増えましたね!

・ユニットフルバージョンお披露目

・VTR失敗

・オンリーマイフレンド(曲自体は正攻法。ただヴィジュアル的に身長を本人に合わせているため頭身バランスと顔のお面感が……)

 ・ドルオタ柚希ちゃん

 

  ものすごく省いたけどだいたいこんな感じ。オブラートに包んで言うと、スクエニの技術力=FF15の技術力。地上波だったら放送事故案件。金とコネでムダな事やってるだけなんだけど、大企業がコレやってるというのが逆に勇気づけられる。

 

 ちなみに視聴者数の変化はこんな感じ

1,158人視聴 19:00頃
11,092人視聴 21:00頃
16,929人視聴 23:00頃
20516人人視聴 10/17現在

 

アフタートーク
視聴回数 633 回(自分が見に行った時)

 色々考えられる数字だけれど、まだ確証はないのでここでは言わない。

 

  今回確認したかったのは運営方針で、運営はどう関わっているんだろうか?という事が知りたかった。普段の配信にどの程度介入しているのか?みたいな事がブラックボックスだったから。

 

(気になっていた事)

・公式はメンバーをどう見てるのか
・全員コラボはあるのか
・初見に売りたいのか固定ファンを強化したいのか

 

  結論から言うと、思った以上に放任だった。こんな形のプロデュースってあり?って感じで、個人的には驚き。ただ、メンバーの事は意外と見ており、これまで基準がわからなかった「コラボ」も計算されてセッティングされている気がした。

 

  メンバーには「1.夢のために毎日努力してます」「2.夢は持っているけど努力するのは今じゃない」「3.夢?何それおいしいの。それよりこれからどうしよう」みたいにそれぞれの姿勢が違っていたりする。「まじめ」「まじめを装いつつズボラ」「ふざけ」みたいな。一部のメンバー元々社会の底辺だったような人物が(一応)アイドル扱いされて既に目標を達成しているわけで、1のまだ目標に達していない人物とすぐに同じ空気にはなれない。さらに視聴者というドラえもんを得てしまったので成長する気がない人物は成長スピードも遅くなってしまう。

 

 なるべく同じ空気感でやりやすい空気を出すためにコラボを計算しているのだとすると、なかなか考えられている。ここの運営「じらし」が好きみたいだから、多分我々も知らないような個人情報を知っており、小出しにしているんじゃないだろうか?個人的には12人同時は急がなくてもいい気がする。売り方としては全員コーラスよりもそれぞれの見せ場を作らせた方が歌うまを活かせる気がする。

 
 ちなみに最近は初見向け意識しているのか、サムネが以前の連写写真のようなものから見栄えのよい物に変わってきている。何気にこれまでのサムネも一新しているような気がする。ファンの方も非公式みたいだけどWikiを作ってくれたようなので、ようやくスタートに立てた感がある。