苦み

 良薬口に苦し。毒も苦い。万人に合う薬など存在しない。どんな薬でも用法用量を守らなければ毒になる。私は薬のつもりで大量の毒を作ってしまったのではないだろうか?

 

 自分が作った薬が毒として他人を傷つけてしまうのも苦しいが、自分自身も率先して薬を毒として使ってはいなかっただろうか?人を生かすための物が人を殺す物になってはいけない。

 

 本来言葉というのはふさわしい場面があったはずで、それは医者によって薬を渡されるように、言葉のプロは使い分けてきたはずだ。

 

 もう一度考え直そう。