バーチャルさんはみている第06話感想

sudzuking.hatenadiary.com

  ボロクソに言った後なので、気になって6話も見てみる事にした。

 

f:id:sudzuking:20190214180125p:plain

 

  唐突にアンケートが実施されていた。1話から見ている人が多いのはわかるし、2~4話が異様に低いのもわかる。今日初めてみる人達もゲスト目当てだから分かるとして、5話の多さは何なんだ?何か「てこ入れ」でもあったのか?つりっくま効果?

 

  f:id:sudzuking:20190214181232p:plain

 

  運営コメントにVTuberが参加したりしているけど、前からこうだったっけ?

 

f:id:sudzuking:20190214202003p:plain

 

 アンケート結果は前回よりもやや上がっているが、前回と違ってスタジオ→エンドカード→アンケートの順だった。アンケート時間も体感的に短いので、意図的に評価上げようとしているような気がする。スポンサーかVTuber運営のどっちかに怖い人がいて怒られたか、あるいは関係者がこのブログ見ていたりするんだろうか?

 

 こういう対応をするって事はドワンゴ的にはVTuberを味方につけたいんじゃないだろうか。ニコニコってYouTubeにユーザー流出しまくってて、ゲーム実況者なんてヒカキンを除いてほとんどニコニコ出身だったはず。確証はないけど、MMD関連の人とか、ニコ生主とかがVTuberにいるみたいな噂があるし、そういうクリエイターに戻ってきてほしいんじゃないだろうか?

 

 作品内容もこころなしか改善されていっているような気がするというか、見方がわかると抵抗感がなくなる(麻痺)。ただ、根本的な企画の部分ですべっているので、今更ダメなところを直していっても50点になるだけで手遅れな気がする。まぁ、火は早く消した方がいいに決まっているんだけど。

 

f:id:sudzuking:20190214213429p:plain

 

 相変わらずゲームに力を入れるドワンゴ。今回の「だるまさんはころんだ」は「つりっくま」と違って良ゲーというか、これを作ったやつは才能あるので、今すぐ独立した方が儲かると思う。こういうユーザーを楽しませる姿勢は嫌いじゃないし、上がやらかした事を現場の人間が必死にカバーするというブラック企業特有のアレなのであんまりdisりまくるのもかわいそうな気がしてきた。

 

 ちなみに、次回はOP変わるみたいな話あるし、ゲストがレギュラーの6人なので、一度切った人も見てみたらどうだろうか?

人はそれが過去になった瞬間学ばない

 ニコ生でたつき監督の「ケムリクサ」の1~5話が一挙放送されていた。

 

f:id:sudzuking:20190214161044p:plain

 

  一言で言うと、1期のけものフレンズ。キャラはかわいいんだけど、ところどころ不穏で、ボス戦カッコイイといういつものアレ。けもフレ2に失望した人たちはこっちを見た方がいい。

 

  けものフレンズというと思い出すのが、相羽裕司氏による次のような考察だ。

 

aiba.livedoor.biz

 リアルの方で作品の元になってるソーシャルゲームがサービス終了しているというネタも絡めて、ソーシャルゲームのサービス終了という比較的最近良く聞く「破綻的な出来事」と、リアルの方の東日本大震災のような本当に人類史規模での大きな「破綻的な出来事」とが連想して意識されるように背景に設定しつつ。

 そんな「破綻的な出来事」からの「復旧」の道程が淡々と、でも陽気さも忘れずにね! みたいな感じで綴られていく作品です。

 

 たつき監督のインタビューとか見ていないので、この見方が正しいのかどうかわからないが、私は納得した。作品というのはこんな感じで時代の空気感と合ったときにヒットするというか、流れの中から自然発生的に生まれるものだと思う。

 

bluesura.hatenablog.com

  日本人が「けものフレンズ」を拾って、海外が「キズナアイ」を拾ったのにも理由があると思っている。震災下のような限られた中で生活をするけものフレンズが日本で流行って、電力をじゃんじゃん使わないとそもそもコンテンツ自体成り立たないバーチャル空間のキズナアイが海外で流行ったのも無関係ではないはずだ。

 

 震災からもう8年近くが経過して、あと少しで二桁になってしまう。実際に被災したならともかく対岸の火事だった人はもう忘れてしまっているかもしれない。別にキズナアイが「関西弁が上手い」こととか、「外国で人気」な事とかを槍玉に挙げるつもりはないが、日本人の琴線にいまいち触れないのはこういうところだったりするんじゃないだろうか。

 

sudzuking.hatenadiary.com

  個人的にショックを受けたのは、思ったよりもゲームが面白くならなかった事である。ムービーゲー多過ぎ。さらにそれを実況するYouTuberなんかも比例して動画の配信時間が長くなって、非常によくない流れが生まれている。明らかに海外に向けられているというか、たしかに日本と比べたら、仕事の残業時間も少なければ、電力の心配もないのかもしれないが、別世界の娯楽と考えていいレベル。

 

 冷静に考えてほしいけれど、もし明日、計画停電が実施されて「1時間しかネットにつなげられません」とかなったら、1時間の配信アーカイブとか見る?少なくとも「海外」に売る気がない人達は考えてほしいところである。

文化を衰退させるのは作品

 自分の中でトラウマになっているものがあって、それは「バスの中のビデオ上映」である。

 

 1つめは、父親が旅行に行く事になって、バスの中で見るビデオを母親に選ばせた時だ。*1実際に選ばれる事は無かったが、その候補となったのが中居正広主演の「模倣犯」である。内容は――レンタルとかで各々見てもらう事にして、際どい事を扱った作品である。*2もし、これ選んでたら「鈴木さん、何を見せているの?」とか思われて気まずい空気になっていただろう。見終わった後の母が「お父さん、中居の事ますます嫌いになるかもね」みたいな事を言った事もトラウマで、演者も仕事選べよと思った。

 

 これ、何も知らずに選んだ母も悪くないし、バスの中で仲間を楽しませようとした父も悪くないし、バスの中でビデオを見るという「文化」も悪くない。むしろ効率的ないい文化だと思う。誰が悪いのかというと、作品作りにおいて画面の外側が見えていなかった製作者だと思う。自分が好きなフェチ的なものとか、作品を通して伝えたい事があるのはいいけど、そういうのはマイルドにというか、さりげなくやれよと思う。表現者だったら直接描かなくても伝える事できるはずでしょ。

 

 2つめは映画の木更津キャッツアイで、内容はよく覚えていないけど、「ヤったヤってない」みたいな感じのお下劣な内容があったように思う。車酔いしたくない私は本も読まず、映画をガン見していたわけだが、内容が内容だけに車内がざわついて、女性とかがこっちの様子を覗いてくるわけである。こっちは作品に集中したいのに、真面目に見てると変に思われてしまう不快な感じ。笑う事が出来ない上に、内容も思ったよりつまらないのでムスっとしていたのだが、そんな様子を見てビデオを選んだ人や旅行を計画した人は残念そうな顔をしていた。トラウマもんである。

 

 エログロだけが問題なのかというと、そうでもない。3つめは私が学生時代に修学旅行でルパンがいい?コナンがいい?みたいに二つビデオがあって、投票制で選ぶという事があった。私はコナンの方は毎回見ていたので、ルパンに挙手し、結果ルパン派多数になった。が、これが失敗で、ルパンは当たり外れの差が大きく、私たちが引いたのはハズレのルパンで、間接的に選んだだけなのに思いっきりスベった形になってしまった。その後、口直しにコナンを上映したのだが、コナンは駄作と呼ばれるものでも比較的安定していて、この件以降自分の中での評価が上がった。*3

 

  これらの経験が重なって、私はバスの中では「寝る」か「窓の外の風景眺める」がベストな選択となり、ビデオが上映されていようが「無視する」ようになった。ビデオ上映自体は何も悪くないのに、トラウマがそうさせる。

 

 この「バスの中のビデオ上映」は、日の浅いカップルが見る映画でも、家族で遊ぶビデオゲームでも、友達に勧められたテレビアニメでも、何にでも言える事だと思う。観客の事を考えるというのはこういう事で、親しくない友達や年の離れた先生も満足させられないような作品はそもそもヒットしない。関心が失われたらジャンルそのものが死滅するという事は覚えておいてほしい。

 

 「この作品は万人向けじゃない」とかぬかすなら、最初から個展での限定公開とかにして人目につくところに出てくるなよと思う。「知名度とお金は欲しいです。ただ、そのための努力はしたくありません」とかただのワガママ。少なくとも私は「目の前の数人を満足させるまったりしたコンテンツ」にわざわざ乗り込んで雰囲気ぶちこわした覚えがないというか、そうならないようにジェムカンも後方支援にしたわけなんだけど。シン・ゴジラみたいなオタクしか喜ばないくせにやたらと吠えてるものとか、多くの人に受け入れられたい(目の前の数人→一般大衆に切り替えた)のに上手くいっていない作品について1視聴者として意見を言っているだけで、そこに考えが及ばない時点で今のオタク自体がオワってる。だったら閉じた世界でイキってればいい。

*1:この時点で、短気な私は「自分で選べ」と思うのだが、話が脱線するので止める。

*2:原作の時点でえぐい作品なのだが、その原作者が「おこ」になるようなアレンジを加えられていて、まぁ、一言で言うと駄作である。

*3:だからといって既に知っている作品に対してリアクションするのもキツい。

けもフレ2の評価

f:id:sudzuking:20190212234139p:plain

 

 すごいコメントが流れているだろ。ウソみたいだろ。「わーい!たーのしー!」とか言ってた人と同じなんだぜ。それで。

 

  何気なくニコ生覗いたらけものフレンズ2がやっていたので、覗いてみたら驚くほどアンケート結果酷くて笑った。ちなみにコメント見る限りこれでも「たっか」いらしい。参考までにバーチャルさんはみているのアンケート結果も載せとく。

 

f:id:sudzuking:20190207172117p:plain

 

  残念ながら番組終了時刻に覗いてしまったので、けもフレ2の作品内容がどうだったのかコメントできないけれども、なんか「バーチャルさんはみている」が普通の作品のように見えてきた。(麻痺)

 

 たつき監督が才能あって、カドカワがアレなのは認めるけど、けものフレンズたつき監督だけの作品ではないわけで、メディアミックスで特定の部分だけが優れているとシリーズ展開が難しくなるんだなぁと思った。……ただ、今回はたつき監督オリジナルキャラを流用したらしいから叩かれているらしいけど。

GEMS COMPANY個人的メモ9

sudzuking.hatenadiary.com

 JAM GEM JUMP!!!リアルイベントは成功したらしい。参加していない分際でこういう事言うのもアレだが、そもそも「失敗」なんてするのか?という疑問がある。今回呼ばれるゲストは事務所の先輩で、来る客もジェムカンのファンと、先輩方のファンに絞られているわけで、当日販売のチケットも無いわけだから、よーすぴサンタよりも遙かにホームの空気だと思う。プログラムはわからないけど、「先輩、勉強させていただきます!」ってついているんだから、高いパフォーマンスが求められるわけでもなく、基本的に受け身でいいはず。どこら辺に不安要素があったのだろう?

 

 個人的に気になるのは、メンバーは2時間立ちっぱなしだったのか、それとも座ってまったりとしていたのか、ステージ上を駆けずり回っていたのか、それとも定位置を守っていたのか、ダンスとか踊れたのか?みたいな普段の配信とどう違ったんだ?という事なのだが、twitter見てもさっぱりわからない。もしかしたら守秘義務があるのかもしれないし、チケット買わなかった自分が悪いので、これに関してはあんまり追求しないでおく。

 

  ライブ内容以前にイベント企画として失敗している気がするので、複雑な気分である。ジェムカンの配信はその場で新しい用語が作られていくので、独自の用語がたくさん出て初見がついていけない問題があるのだが、今いるファンはついていける人達である。ところが今回、そのファンの中からさらにライブに行ける人と行けない人の壁を作ってしまった事で、そのライブで新しい体験とか用語が生まれたら、今いるファンの中にもついていけない人が生まれてしまう事になる。このタイミングで人減らしてどうするんだよと頭を抱えざるを得ない。某氏によると新しい情報はなかったらしいので、それを信じるが、正直、あまりよくないやり方だと思っている。

 


スクエニ×ディアステ 声優になりたい女の子募集オーディション(審査員追加Ver.)

 

  ショックだったのは一部「先輩のファン」の反応である。初めてのライブでこんな事言われるのはおかしいでしょ。*1別にそういう見方を攻めるつもりはない。某ナンバー2もYouTubeのコメ欄にアレな事書かれちゃってるし、ダメとも言えない。

 

 運営側にとってこういう反応は意図していた事なのだろうか?この両者のつながりは、ジェムカン側が数字が伸びなくて、向こう側が数字を持っているからつなげてしまおうとも取れる。ある意味では実力だけで勝負できる環境なのに、元から数字ある人使って人気者になろうとしているわけで、すごく納得がいかない。場合によってはどちらのやっている事にも影響出るのでは?それとも最初からこうなる事を想定していたのだろうか。

 

  向こうのファンにとっても、これってショックだと思うのだが。知らないところで隠し子作られていたようなもんで、この対面は向こうのファンも、こっちのファンも両方マウント取られたようなもので、誰も得しない。いや、今はまだセーフかもしれないけど、自分たちの中途半端な運営方針が火種を作ったという事は自覚しておいた方がいい。*2

 

  今回、色んな意味でファンというものが可視化してしまっただろうから、人によっては場違い感とか、あいつとは考えが合わないというのがあるかもしれないけど、「ファン」である事は止めないでほしい。少数派はむしろ新規層に近い位置にいるわけで、今いなくなられると困る。*3

 

 ジェムカンのウィークポイントのひとつがファンだ。その原因は運営がブレにブレまくって方針転換しまくった事が原因。アーカイブを見ただけでも、

 

1、なんか面白そうな配信があったから見た人(純粋)

2、Mogura VR、うーたま族(VTuber?)

3、GEMSCOMPANY(ディアステージ×よーすぴ)

4、TGS2018(スクエニ、ゲーム系)

5、なにぬビルダーズ(ドラクエ系?)

6、クリスマス麻雀誘導(FF14

7、よーすぴサンタ(DQX?)

8、VRadio(VTuberその2)

9、リアルイベント(ディアステージその2)←new

 

新規流入のタイミングがこんだけある。*4「純粋」とかつけたけど、視聴者になりすましたよーすぴとか底辺YouTuber追っかけみたい冷やかしも含む。私はアーカイブを続けて見たのでどこでチャンネル登録が増え、どこで再生数が減って、どこの層が金を払っているのかとか、ある程度は把握している。*5ある時点から忽然と姿を消した人とかも当然いる。全部に愛が注がれているわけでなく、今回のイベントでそれが顕著になってしまったのが複雑な感じである。*6どこまでがジェムカンファンなのさ?って事を考えてほしい。

*1:前々から「声優になりたい女の子募集オーディション」で来たのに、将来の夢が声優じゃない子がいるのはおかしいなと思っていた。夢は変わるものだからそんなものかなと思っていたけど、今思うと――そういう事だったんだなと思ってしまう。

*2:ボカして表現しているから誤解される恐れがあるけど、「先輩」に不満があるわけではない。

*3:とかなんとか偉そうな事言っていますが、運営方針合わなすぎて私は箱推し止めようかと思っている。

*4:ムーとかVジャンプとか挙げるとキリがないので、動画配信に限定しておおまかに記す。

*5:印象であって確証ではないけど

*6:しかもその選択によって自分たち(スクエニ)が一番いらないポジションになってしまったのが痛すぎる。